母の意識を変えていった、子どもの言葉や体からの訴え【琥博くんの個性が花開く場所 Vol.6】

HSC

琴子さん「当時は、思うようにならずに癇癪を起こすことが日常になっていました。本当はこれが心の叫びなのに、前はわがままと思い込んで抑え込もうとしていたんだなと思います。徐々に耳が傾けられるようになったのは、チックが心理的なものと知った後から。そんなふうに身体に出たり、『母ちゃんは僕を苦しめる』などはっきりした言葉を繰り返したりしたことで、ハッとさせられ、イライラしたり言い聞かせようと思ったりせずに、受け止められるようになっていきました」

どうしたら学校へ行けるかという思いがあった頃【琥博くんの個性が花開く場所 Vol.5】

HSC

11月下旬。琥博くんから、「学校イヤ!ゼロ分もイヤ!」という言葉。 しかし、何がイヤなのか、ということはわかりませんでした。 この当時は、どうしたら学校に行けるかという思いがあったので、先生方と話し合い、先生に迎えにきてもらうことを試みることになりました。

学校に行きたくない。チック症状でメンタルクリニックへ【琥博くんの個性が花開く場所 Vol.4】

HSC

スイミングと学童を嫌がる一方で、学校生活に関しては特に問題が見られなかった琥博くんですが、2年生の新学期が始まると、気になる変化が訪れました。 「頭が痛い」「のどが痛い」と、保健室に行く回数が増えたのです。 さらに、家で宿題をしようとしていたら、「鉛筆を持つ手に力が入らない」と言うように。

小学1年生。スイミング、学童、行きたくない!【琥博くんの個性が花開く場所 Vol.3】

HSC

それでも琥博くんは、スイミングは嫌がりながら行っていましたが、学童はとても嫌がっていました。 「なんで学童行かないけんの!?」 琥博くんから何度も問われましたが、「仕事があるから一人で家にいるわけにはいかないからね」と当時の琴子さんは答えていました。

現在5年生。学校に行かない選択をした琥博くんの幼少期【琥博くんの個性が花開く場所 Vol.1 】

HSC

「不登校は、本人の心の叫びを表した結果。小さい頃からずっと疑問を抱き、納得いかないことをさせられてきた結果だと思うので、早く気づかされてよかったと思います。と語る琴子さん。 そこにはいったいどんなドラマがあったのか。琥博くんとのこれまでと、これからについて、乳児期からたどってお話を伺いました。

愛着形成に目を向けることの大切さ

HSC 【HSC】と愛着

子どもが園や学校への行き渋りや不適応を示した時、ほとんどの親御さんはネット検索をしたり、知人に相談するなどして、対応や判断を模索されると思います。 中にはカウンセリングを申し込んで相談して下さる方や、コミュニティに参加し […]

ページの先頭へ

error: Content is protected !!