プロフィール

 

斎藤 暁子(kokokaku)

 

精神科医の夫が開業した心療内科クリニックでカウンセラーとしての経験を積む。

その後クリニックから転向して開いたカウンセリングルームにて 「生きづらさ」「母娘関係」「子育て」などで悩む方を対象に、インナーチャイルド・ワークを中心としたカウンセリングを行ってきた。

子どもは、とても敏感で感受性が高く繊細な気質。それがHSCであることを知る。

2018年3月に『HSC子育てラボ』のサイトを立ち上げ、HSCの気質が認知され、個性や才能が発揮されるよう、情報発信を開始。

HSC子育て、 不登校に関するカウンセリングも行っている。

2018年10月~12月に展開したクラウドファウンディングで、資金と協力を 募り、書籍制作を開始。および、オンラインコミュニティ『HSC親子の 安心基地』をチームで構築し、立ち上げる。

夫との共著に『ママ、怒らないで。:不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病』 (風鳴舎)、小冊子絵本『敏感な子の守りかた絵本』(アート印刷)『HSCを守りたい』がある。

 

ごあいさつ

こんにちは。

『HSC子育てラボ』代表で心理カウンセラーの、斎藤暁子(kokokaku)です。

9歳のHSC(Highly Sensitive Child)を育てる母でもあり、自身はHSS強+HSPです。

2019年7月に、夫(精神科医・HSP)が原案執筆の原稿を書籍化した「HSCを守りたい」(著者:斎藤暁子 協力:書籍制作プロジェクトチーム)を出版しました。

HSCの「言葉にならない心の叫び声」を拾い、HSCが何でつらい思いをしているのか、

そのつらさはHSCに何をもたらすのか、

HSCを「生きづらさ」や「自己否定感」「トラウマ」を抱えることから守るにはどうしたらいいのか・・・

心の病を「予防」したい、というものに留まらず、HSCが自己肯定感で満たされて、「生まれてきて良かった」と心から思えることへの願いが込められた本です。


HSCを守りたい

特に、「学校がつらい」「学校に行きたくない」と感じるHSCの心を守り、「大丈夫」と言える“将来”にするために、“今”を笑顔で過ごすことができる『安心基地』を築きたい、と思う方に読んでいただきたい本です。

 

個別相談・カウンセリング

個別相談・カウンセリングを行っています。

詳しくは  こちら  のページをご覧ください。

 

活動実績

【執筆】
■『ソクラテスのたまご』
敏感で繊細なのは理由がある!? 5人に1人が当てはまるHSCとは

精神科医が挙げる「HSCの10の特徴」とは? 子どもに合った接し方や対応のポイントを紹介

HSC/HSPの夏休み! 家族全員が楽しく過ごせるように知っておきたいこと

HSCにとって学校はつらい? 知っておきたい!わが子の気質と学校の相性って?

■『不登校新聞』連載(2019年7月1日号~)
わが家が目指したのはHSCの安心基地

【取材】
■Webサイト
『ハピママ』
【インタビュー】集団になじめない繊細すぎる子どもはHSCかも?「協調性よりも大切なこと」

◎【インタビュー】子どもは家庭でじゅうぶん育つ!?幼稚園や学校に行かないという選択

◎【インタビュー】「学校に行きたくない」と子どもが言い出したら…知っておきたい“HSC”の10の特徴

新聞
毎日新聞(2018年11月14日) 周囲の刺激に敏感「HSC」

・沖縄タイムス新聞(2018年12月11日) 敏感すぎて集団が苦手な子…「HSC」かも? 批判され悩む親に伝えたいこと

・沖縄タイムス副読誌「週刊ほーむぷらざ」(2019年7月18日)  HSC とても敏感で繊細な子|5人に1人 生まれ持った気質

■週刊誌
・女性自身(2018年10月2日号)「HSC」を知っていますか? 5人に1人がなりうる“敏感すぎる子”と向き合う方法

雑誌
AERA with Kids 秋号(2019年9月5日号)
「人一倍敏感な子ども HSC を知っていますか?」

■ポッドキャスト
「コルクラボの温度」ゲストトーク 2018/6/6
(前編)2018/6/6
(後編)2018/6/13

テレビ
『NHKシブ5時』
2019年6月27日「HSC特集」VTR出演

【著書「ママ、怒らないで。」関連】
・西日本新聞掲載「書評」(2017年6月4日付朝刊)
・神奈川新聞「親子の本棚」(2017年6月5日付朝刊)
・上毛新聞掲載
・熊日新聞掲載(2017年7月6日付朝刊)