メディアでも取り上げられることが増え、少しづつ認知の広まりを見せるHSC(Highly Sensitive Child:とても敏感で感受性が高い子)。

著書『HSCを守りたい』の刊行に際し、HSCに初めて触れる方にも、すでに知っているという方にも、できるだけわかりやすく、全体を把握できるよう紹介したいと思います。

HSCとは?

HSCとは『Highly Sensitive Child』の略で、

生まれつき繊細さや感性の鋭さ、慎重さを持つ『とても敏感で感受性が高い“子ども”』

のことをいいます。

『とても敏感で感受性が高い“人または大人”』のことはHSP(Highly Sensitive Person)と言い、いずれもアメリカの心理学者、エレイン・N・アーロン博士によって提唱された概念です。

 

日本での歴史と認知度

その歴史を紐解くと、アーロン博士によって、「敏感性・感受性」の本質を理解するためのたくさんの調査と研究が重ねられ、1996年にまずアメリカで『The Highly Sensitive Person』というタイトルで書籍が出版されました。この本は大ベストセラーになり、その後世界各国で翻訳出版されています。

日本では、2000年に『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』(富田香里訳/講談社)というタイトルで翻訳出版(現在、SBクリエイティブより刊行)されて以来、HSPという言葉は、徐々に知られるようになっています。

一方で、HSCという言葉はそれより大幅に遅く、すでに2002年にはアーロン博士によって『The Highly Sensitive Child』というタイトルでHSCについて詳しく書かれた本が出版されていたものの、日本語に翻訳され、『ひといちばい敏感な子』(明橋大二訳/1万年堂出版)として日本で出版されたのが2015年と、まだ年数も浅く、認知度はまだ高いとは言えません。しかし近年、新聞やテレビ、Webニュースで取り上げられることが増えてきています。

 

HSCの割合は?

アーロン博士が行ってきた調査や研究によると、

子ども全体の15~20%(ほぼ5人に1人)がHSC(Highly Sensitive Child)に該当する

 

としています。

ただし、中には、一見しただけではHSCだとわかりにくいタイプも存在します。

それは、敏感さや感受性の高さとともに、強い好奇心を併せ持っているタイプの子です。

 

強い好奇心を併せ持っているタイプ

その強い好奇心を持つ遺伝的気質をHSS(High Sensation Seeking=刺激追究型)もしくはHNS(High Novelty Seeking=新奇追究型)と言います。

このタイプは、新しい刺激を求めて活発に活動する傾向が強く、また、自分の思いを通そうとする傾向も強いなどの特性から、敏感性が隠れてしまいやすい傾向が見られます。

そのため敏感さや敏感性が高いことに気づかれにくいのです。

しかしその一方で、HSCの気質である繊細さや、自分の内側に意識が向いて、物事を深く考えるところが見られるのです。

子ども時代は、「言うことを聞かない子」「怒りっぽい子」「扱いにくい子」と思われがちですので、このタイプの特徴をよく理解し、否定しないことが大切です。

 

チェックリスト

『ひといちばい敏感な子』(1万年堂出版)には、子どもがHSCかどうかを知るためのチェックリストが載っています。 全23項目のうち、13個以上の項目に当てはまるようなら、おそらくHSCでしょう。

しかし、もし当てはまる項目が1つか2つであっても、ものすごく当てはまると感じるようであれば、HSCの可能性もあるといったものです。

同じチェックリストは、こちらのサイトでもご覧いただくことができます。

 

また、「学校がつらい・行きたくない」と感じる子の多くに、HSCの気質が見られます。

学校の何がHSCにとって負担であり、過酷なのでしょうか。

親としてはとても気になるところですが、実は子ども本人もその理由がわからず言葉にできないことも多くあります。

そこで『学校との相性を知るための、 20 のチェックリスト』を作成しています。

下のリンク先の記事をご覧ください。

「その子にとって学校はどのようにストレスフルなのか」を知って、学校に行けなくなるのはその子に原因があるのではないこと、自然な反応であることを理解する材料にしていただけたら幸いです。

 

DOES~HSCの4つの性質~

『ひといちばい敏感な子』(1万年堂出版)の中で、HSCの根底にある性質には、次の4つの面があると言われています。

それぞれの特徴と一緒に紹介します。

D:深く処理するDepth of processing)
・慎重で、状況をよく観察し、気づいたことをじっくり考えてから行動する。
・物事の内容を深く読み取る。

 

O:過剰に刺激を受けやすい(being easily Overstimulated)

・刺激を受けやすく、疲れやすい。

・刺激に圧倒されると、ふだんの力を発揮することができなくなることがある。

 

E:全体的に感情反応が強く、特に共感力が高い(being both Emotionally reactive generally and having high Empathy in particular)

・感じ方が深くて強い

・強い感情に揺さぶられる。例えば、他人の気持ちや感情に影響されて、うれしくなったり、動揺したり、悲しくなって元気がなくなったりする。
・他人の気持ちを読み取ってそれに寄り添ったり、その場の空気を感じ取ったりするな ど、思いやりや共感する力 ・ 状況を察知する力に優れている。

 

S:ささいな刺激を察知する(being aware of Subtle Stimuli)

・音・におい・光・肌ざわりなどのささいな刺激を察知する。

・ 細かいことやわずかな変化(味・暑さ寒さ・物の配置・人の表情・髪型など)によく気がつく。

・小さな音、かすかなにおい、細かいことに気づく。

 

HSCの特徴

HSCには、具体的に次のような特徴が見られます。

※HSCには個人差があり、当てはまるものや、その反応の強さ・弱さは、人によって異なります。また、Highly Sensitive という敏感性・感受性の高さと、HSSHigh Sensation Seeking=刺激追究型)もしくはHNSHigh Novelty Seeking=新奇追究型)という強い好奇心を併せ持っているタイプの子が存在しますが、ここではHSCの目立って見られる傾向に焦点を合わせて記しており、HSS・HNSのそれについては触れていません。

 

《刺激に対して敏感》

・音・光・痛み・かゆみ・肌ざわり・暑さ寒さ・空腹などに敏感に反応しやすい。

・細かいことに気がつく(ささいな刺激でも感知する)。

・かすかな音やにおい、ちょっとした味の違いに気がつく。

・物の配置、人のささいな変化にもよく気がつく。

 

《刺激を受けやすく、疲れやすい》

・過剰に刺激を受けやすく、それに圧倒されると、落ち着きがなくなる、物事がうまくできなくなるといった状態になりやすく、人より早く疲労を感じてしまったりする。

・人の集まる場所や騒がしいところが苦手である。

・大人数の前や中では、力が発揮されにくい。

・誰かの大声や、誰かが怒鳴る声を耳にしたり、誰かが叱られているシーンを目にした りするだけでつらくなる。

 

③《慎重に行動する》

・目の前の状況をじっくりと観察し、情報を過去の記憶と照らし合わせて安全かどうか 確認するなど、情報を徹底的に処理してから行動する。そのため、行動を起こすのに時間がかかりやすい。

・刺激に慣れにくく、新しい刺激や変化を好まない。

・急な予定変更や突発的な出来事に対して混乱してしまいやすい。

 

④《共感する能力が高い》

・人の気持ちに寄り添い深く思いやる力や、人の気持ちを汲み取る力など『共感する能力』に秀でている。

・細かな配慮ができる。

 

⑤《自分と他人との間を隔てる「境界」が薄いことが多い》

・他人の影響を受けやすい。

・他人のネガティブな気持ちや感情を受け取りやすい。

 

⑥《鋭い感性や深みのある考えを持つ》

・直感力に優れている。

・漂っている空気や気配・雰囲気などから、素早くその意味や苦手な空間・人などを感じ取る。

・先のことまでわかってしまうことがある。

・物事の本質を見抜くことがある。

・思慮深く、物事を深く考える傾向にある。

・年齢のわりに難しい言葉を使ったり、深い質問をしたりすることが多い。

・正義感が強く、モラルや秩序を大事にする。

・差別や権力・支配を嫌う。

 

⑦《内面の世界に意識が向いていて、豊かなイマジネーションを持つ》

・想像性 ・ 芸術性に優れている。

・クリエイティブ(創造的)な仕事に向いている。

 

⑧《人との深いつながりや主体的に生きることを好む》

・1対1や少人数で話をするのを好む。

・自分が交流を深めたい相手を選び、その相手と同じことを共有し、深いところでつながって共感し合えるようなコミュニケーションを好む傾向にある。

・集団に合わせることよりも、自分のペースで思索・行動することを好む。

・(やりたくないことを)やらされたり、観察されたり、管理されたり、評価されたり、 急かされたり、競争させられたりすることを嫌う傾向にある。

 

⑨《自己肯定感が育ちにくい》
・外向性を重要視する学校や社会の中で、求められることを苦手に感じることが多く、人と比較したり、うまくいかなかったりした場合に自信を失いやすい。

 

⑩《自分の気質に合わないことに対して、ストレス反応が表れやすい》

・様々な形での行動や症状としての反応が表れる。(「落ち着きがなくなる」「固まる」「泣きやすい」「言葉遣いや態度が乱暴になる」「便秘」「不眠」「発熱」「頭痛」「吐き 気」「腹痛」「じんましん」など)

・細かいことに気がついたり、ささいな刺激にも敏感に反応したり、過剰に刺激や情報 を受け止めたりするため、学校での環境や人間関係から強いストレスを感じてしまい、不適応を起こしやすい。

・人のささいな言葉や態度に傷つきやすく、小さな出来事でもトラウマとなりやすい。

 

HSCと接する時の10のポイント(自己肯定感・主体性を削がない、トラウマをつくらないための)

「HSCの 10 の特徴」を踏まえて、実際にHSCと接する時には、どのように対応することが好ましいのでしょうか?

「あなたはあなたでいい」と、感じ方が肯定されている安心感があると、その子の良さが発揮されます。HSCについての理解をより深め、肯定的に受け止められるよう、その子に合った接し方・対応のポイントをお伝えします。

《干渉しない》

・指示や口出しをせずに、できるだけ見守る。 

パターナリズム的な干渉に注意する。

パターナリズム=強い立場にある者が、弱い立場にある者に対して、あなたのためになると言って、本人の意志に関係なく受け入れさせていく干渉的関わりのこと。

 

②《無理強いをしない》

・急かさない。圧力を加えない。叱らない。HSCは話して聞かせるだけで十分である。

 

③《その子のやり方やペースを尊重する》

・ ほかの子に合わせたり、ほかの子ができているからということを基準にするのではなく、その子が好むものを「選ぶ」、その子がやり出すまで「待つ」という姿勢を意識する。初めてのことで、まだ不安や恐怖心が存在している時に無理強いすると、子どもにトラウマを抱えさせてしまうことがある。好奇心が恐怖心を上回り、その子の自発的な意志でやり出すまでじっと待つことを心がける。

 

④《コントロールしない》
・ 褒めながら誘導することは控えめに。褒めることは子どもの自己肯定感を育む上で大切だが、大人のイメージ通りになるように仕向けるという誘導が加わると、コントロールすることになる。褒めて誘導することが日常化すると、子どもの主体性(自分の意志 ・ 判断によってみずから責任をもって行動する力)が育ちにくくなる恐れがあるので注意する。

 

⑤《ほかの子と比べたりしない》

・周りの子やきょうだいなどと比べない。否定的な言葉を使わないようにする。

 

⑥《避難場所をつくっておく》
・ 保育園や幼稚園、学校、そのほかにも子どもが苦手とするような場所では、いざという時にその場から離れて落ち着ける〝避難場所〟を確保できると安心。

 

⑦《早めに休ませる》
・ 刺激を受けすぎて疲れやすく、ストレスに対する反応が出やすいため、疲労が溜まらないうちに早めに休憩を取る。

 

⑧《共感し、子どもの気持ちを代わりに言葉にして語りかける》

・ 悔しかったこと、嫌だったこと、怖かったことなどに対して感じた、その時の気持ちを受け止める。うまく言葉にできないうちは、泣くことで解放できるようにすることも大事。泣き叫んでいる子に「うまくできなくて悔しかったんだね」「こういうところが嫌だったんだね」「こんなことされたから怖かったんだね」と語りかけ、その子の気持ちを代弁するなど、焦らず見守ってあげると、徐々に落ち着き元気になることが多い。実際、子どもは自分の気持ちにぴったりと合う言葉がけをしてもらうと、不思議なくらいに興奮がおさまったりする。

 

⑨《苦手なものから距離を置けるよう工夫する》
・ 苦手な場所・苦手なこと・苦手な人を子どもとともに確認して、苦手なものから距離を置けるよう工夫する。あらかじめ苦手であろうことには近づかないか、後回しにするなど、事前に打合せをしておく。

 

⑩《親との分離のタイミングの判断は慎重に》
・ 子どもを人に預ける、子どもを園や習い事に通わせるなど、子どもを親から離そうとする時に、それを嫌がっていたり、激しく泣いていたり、一旦泣きやんでもまたぐずっていたりするようなら、見合わせるなど、慎重に判断する。

 

「神経質」で「臆病」というのは、生まれつきのもの?

Highly Sensitive、つまり“高い敏感性・感受性”というのは 「気質(生まれつき備わった性質)」のことです。

育つ環境や人間関係に適応していくために、後天的にその多くがつくられていく「性格」とは違って、

生まれ持った「気質」=Highly Sensitive“高い敏感性・感受性”は、本質的には大人になっても変わることはありません。

 

一般にHSCは、「神経質」で「臆病」などとネガティブな性格として捉えられがちです。
しかし、これらの性格というのは、生まれ持った“先天的なもの”ではなく、“後天的なもの”であり、「トラウマ」や「ストレス」などの過去のつらい体験が影響しているものと考えられています。

敏感性・感受性の高い気質の子が一旦つらい体験をすると、過剰に敏感(過敏)になりがちです。

恐怖や不安を伴う体験・不快な体験が、外傷的な体験(トラウマ)、あるいは強いストレスになってしまうためです。

これには脳の仕組みが関係しています。恐怖や不安を感知する「扁桃体」という脳の器官が長期間強く興奮し続けることによって、過敏な状態が生じると考えられています。

恐怖や不安・不快のもととなる刺激が非常に強い場合や、多少弱い刺激でも繰り返し加わっている場合、あるいは興奮を鎮める働きが生まれつき弱い場合に、過敏な状態が生じると考えられています。

敏感性・感受性の高い気質の子の場合は、刺激を受けやすく、かつ刺激の感じ方が強くて深いということや、興奮を鎮める働きが生まれつき弱いということもあり、過敏な状態になりやすいと考えられるのです。

そして、恐怖や不安をもたらすきっかけとなった場所や場面・人、さらにいえば、それらと似たような環境や関係・状況に対して強い警戒が働きます。

そのために、ささいなことにも過剰に反応するようになったり、不安が高まるような状況や新しい場所・人なども避けるようになったりしやすいのです。

したがって、「神経質」で「臆病」な性格というのは、いずれも育った環境や人間関係などの後天的な要素によってもたらされたものだと言えるのです。

 

HSCのポジティブな面

HSCには、その気質ならではのポジティブな面がたくさんあります。

「生まれ持った気質」や「感覚にフィットする環境・関わり方」が大切にされて育つことができると、そのポジティブな面が表に出やすいと言えます。

 

例えば、

・人の気持ちを鋭く察知したり、その場の空気を読み取ったりするなど、共感力や直感 力に優れている。

・思いやりがあり、細かい気配りができる。

・自分が交流を深めたい相手を選び、その相手と深くつながって共感し合うことを好む。

・正直で誠実である。

・想像性豊かで、芸術性や創造性に優れている。

・好き嫌いがはっきりしている。

・感じる力(感受性)が強く、感性が鋭い。

・物事を深く考えたり、深く読み取ったりする。

・責任感が強い。

・面倒見がいい。

・平等で人権が尊重される平和や調和を大切にする。

・調和や秩序が保たれるためのルールを大切にする。

 

ところが、生活の場が、家から園や学校などの慣れない外の場所に移ることによって、

その子のかけがえのない魅力や個性がかき消されてしまい、逆にネガティブな面が表に出てきてしまいやすくなるのです。

 

HSCは、自分の気質に合った環境の中で花開く

私はHSCの本質を次のように捉えています。

・本来HSCは、自分のペースで「自発的」に「主体性」をもって自分らしく生きることに生きがいを感じる子である。

・本来HSCの気質は、人から管理(コントロール)されたり、やりたくないことをやらされたり、押しつけられたりするなど、その子の独自性が阻まれることを強烈に嫌がるほどの「強い個性」である。

 

そういう視点で見てみると、その子の反応・言葉・態度にはきちんと意味やメッセージがあることに気づかされることがあります。

人は誰でも、天から与えられた資質(天賦)を持って生まれてくるはずです。HSCは、その資質を完全な姿へと発展させようとする力が強いというふうにも捉えています。

生まれ持った独自の気質が、その子の個性として花開くかどうか。そのことに対し、その子を取り巻く環境の影響は非常に大きいと考えられます。

 

さいごに

HSCに関わる周りの大人の人たちのHSCに対する理解が深まり、HSCが肯定的に受け止められていくことによって、『自分が感じていることはこれでいいんだ』『このままでいいんだ』という「自己肯定感」を肌で感じながら自分らしく生きていけるようになることを願っています。

 

執筆:斎藤 裕(精神科医)