子どもが園や学校への行き渋りや不適応を示した時、ほとんどの親御さんはネット検索をしたり、知人に相談するなどして、対応や判断を模索されると思います。

中にはカウンセリングを申し込んで相談して下さる方や、コミュニティに参加して詳しくお話して下さる方もいらっしゃいますので、不安や、周囲の方々からの言葉や圧迫感などについて具体的に伺うこともあります。

そのような中で感じることは、子どもを休ませる判断をされた保護者の方は、様々悩んで調べて「学校に行かない選択」の“安心材料”を取り揃えるなどして、なんとか大丈夫と思えるようになったとしても、周りの方からの働きかけに、どうしても揺さぶられてしまうということです。

そこで今回は、

世間一般の “当たり前” よりも、子どもに寄り添う判断や選択をする理由、動機として重要と感じている「愛着」についてを、勉強会風に、精神科医である斎藤 裕医師にインタビューする形でお伝えしたいと思います。

斎藤 裕医師プロフィールは  こちら

 

知っておきたい愛着形成のこと

斎藤暁子

『HSCを守りたい』第1章の後半には、「愛着」という言葉がたくさん出てきます。まずは「愛着」について改めて説明をお願いします。

斎藤 裕医師斎藤 裕医師

「愛着」とは、子どもと特定の存在(親、養育者)との間に形成される特別な情緒的な結びつき(関係)のことをいいます。

この愛着には、対象に対する選択性があり、愛着の対象となった人にだけ、愛着行動が見られ、それ以外の対象に対しては、むしろ愛着行動は抑えられるといいます。

愛着の対象となった人、例えば、親からの十分なスキンシップと反応豊かで愛情深い関わりの中から、親は自分のことをわかってくれる、必要な時に求めに応じてくれる、守ってくれるという安心感・信頼感の内在化と、その積み重ねによって、安定した愛着が形成されていきます。そしてその安定した愛着を土台として、子どもは好奇心に導かれ、外の世界に安心して踏み出していけるのです。

そのような親の愛情深い関わりの中から、お互いのオキシトシンの分泌が活性化され、愛着形成が促進されることによって、親子の愛着関係が安定したものとしてしっかりと結ばれるともに、子どもは不安やストレスを感じにくい体質となり得るのです。

対人関係は、この「愛着」という信頼関係をもとに成り立っています。安定した愛着は、対人関係を安定したものにするのです。

つまり愛着形成は、対人関係の基本中の基本であるということです。

斎藤暁子

愛着の形成ができていないと、どのような問題がありますか?

斎藤 裕医師斎藤 裕医師

愛着の形成が不十分で、心の中の安定した愛着関係の土台が育っていなかったり、あるいは、愛着を形成する3歳ぐらいまでの時期に親から引き離された体験や見捨てられた体験などによって、愛着関係に傷が入り愛着関係の土台が不安定になったりすると、親離れができにくくなったり、親やその他の人との関係も不安定になったりしやすくなります。

また、愛着が不安定になるとストレス耐性が下がり、ストレスやトラウマに対しても脆弱になってしまうのです。

特に敏感で繊細な遺伝的気質を持つHSCでは、その傾向が強いと考えられ、親との分離に関する不安が非常に強まったり、ストレス反応がさらに起こりやすくなったり、ささいな出来事でもトラウマになりやすかったりするため、5歳頃までは慎重に対応する必要があると考えています。

斎藤暁子

私は、「愛着」という言葉を知らずに子育てを始めましたが、3歳頃まではほとんど抱っこ状態だったり、子どもの求めに応じていたので、愛着形成には何ら問題ないと思っていました。

でも、自分では思いもよらないことが、子どもとの愛着関係の傷をつくることもあるのですよね。

ただそれも、HSCという生まれ持つ気質も関係しているんですよね。

 

HSCの多くに抱えているとされる“見捨てられ不安”

斎藤 裕医師斎藤 裕医師

これは、HSCを持つ親御さんとの会話の中からわかっていったことなのですが、学校という制度の存在によって、それらの親御さんの多くが、家以外の環境に、子どもを早いうちから適応させておきたい、慣れさせておきたいという思いに駆り立てられ、幼い頃から子どもを保育園や人に預けるということが起こりがちです。

早く集団に慣れさせたほうが良いという周りの流れや声も影響したりします。

ところが、3歳未満、ことに1歳未満で長時間預けることは、愛着や発達面でも影響が出やすいとされています。

特にHSCでは、その傾向が強いと考えています。

このデリケートな時期に、「保育園に預けられる」「人に預けられる」など、親から引き離されるという体験をしたHSCでは、愛着関係に傷が残り、それが強い不安となって尾を引きやすく、“見捨てられ不安”を抱えているケースが多く見られます。

斎藤暁子

たしかに。子どもが2歳半の頃に、本格的に仕事をしなければと思って保育園に申込み、何度か預けましたが、本人が嫌がり、心身にもトラブルが起こったので見合わせました。

それでも息子の場合は、まさに強い不安となって尾を引いて、ひどい後追いが1年以上続きました。

斎藤 裕医師斎藤 裕医師

“見捨てられ不安”を抱えるわけですね。それを示すサインには次のようなものがあります。

 

〈“見捨てられ不安”を抱えていることを示すサイン 〉

①親の気を引くような行動・親を困らせるような行動が増えている。 

➁親から拒否されること・関心を示されないことに敏感になっている。 

③いつも親の顔色をうかがっている。 

④親のそばを離れないことが多い。 

⑤少しでも親が離れていきそうな気配を感じた時に、強い不安を示す。 

⑥親の姿が見えないと、激しく泣いてパニックになる。 

 

斎藤 裕医師斎藤 裕医師

④~⑥のいずれかが見られる場合は、特に強い不安となって尾を引いていることが考えられます。

斎藤暁子

①②はさほど無かったと思いますが、④~⑥はしっかりありました。③は、私が不安定だと、それを敏感に感じているのがわかりました。でも当時はわからないから、とにかく不安の強い子としか考えなかったですね。

斎藤 裕医師斎藤 裕医師

そして、愛着関係の傷(見捨てられ不安)の修復がなされないまま、すなわち、愛着の土台が不安定となってストレス耐性が下がったまま、登園・登校の時期がきて、行きたくないところへ行かされる、やりたくないことをやらされるなどの体験が続くことによって、人や環境に対する安心感、自尊心や自己肯定感が脅かされていきます。

脅かす環境や関係性から離れたり、あるいは、殻に閉じこもったりすることで自分を守ろうとするため、登園・登校渋りが出ても何ら不思議ではないです。

このような経緯から、登園・登校を渋るHSCでは、かなりの頻度で、『分離不安障害』が起こっているものと考えられます。

『分離不安障害』の診断基準の中で、HSCに多く該当するものとしては、次の項目です。

 

〈『小児期の分離不安障害』の診断基準:ICD-10より抜粋〉

・分離の恐れのために、(学校での出来事を恐れるというような他の理由からでなく)登校を嫌がり、あるいは拒否し続けること。

・強く愛着をもっている人が近くか隣にいなければ、眠るのを嫌がり、あるいは拒否し続けること。

・1人で家にいること、あるいは強く愛着をもっている人なしで家にいることへの持続的で度の過ぎた恐れ。

・分離に関する悪夢を繰り返す。

・身体症状(悪心、胃痛、頭痛、嘔吐などの)が、強く愛着をもっている人からの分離をともなう状況の際に繰り返し起こること。例えば家を離れて学校に行く場合。

・強く愛着をもっている人からの分離を予想した時、その最中、あるいはその直後に、過度の悲嘆を繰り返すこと(不安、泣くこと、癇癪、みじめさ、無感情、あるいは社会的引きこもりとして現れる)。

 

気質のことだけで留まってしまわず、愛着形成ができているか、といったことを見つめることが必要

斎藤 裕医師斎藤 裕医師

子どもが不適応を起こしたら、例えば、その子が持つ遺伝的気質に焦点を合わせて、学校などの環境を、できるだけその子の気質に合ったものに整えてもらえるように働きかけたり、学校以外で、その子の気質に合うような教育の場を選択したりすることを試みられるのではないかと思います。

しかし、愛着の問題が絡んでいる場合、まずはそこに焦点を合わせることが重要なのです。愛着に手が施されなければ、その子が身を置こうとする環境に適応しにくくなるだけでなく、将来にわたって、対人関係面での生きづらさを抱えていくことにもなり得ることを知ってもらいたいのです。 

        

〈大人になってからも、幼少期の愛着関係における傷(見捨てられ不安)を引きずっていることを表す習慣〉

▢人の顔色に敏感で、自分が嫌われていないか不安になる。

▢自分のことを周りの人がどう思っているのかとても気になる。

▢人に認められたいという思いが強い。

▢見捨てられることに対して敏感である。例えば、相手から自分のことを受け入れてもらえていないと感じると、傷ついたり、不安になったりする、あるいは、強い怒りを覚え、頭に血がのぼってしまう。

▢一人では不安だったり孤独を感じたりするので、いつも誰かと一緒にいることが多い。

▢少しでも親しい友人が離れていきそうな気配を感じただけで、強い不安を覚える。

寂しさや孤独感と向き合うのを避けて、すぐに何らかの手段を用いて紛らわそうとしたり誰かと関わろうとしたりする。

4個以上→見捨てられ不安が強く、対人関係面での生きづらさを抱えている可能性が高い。

2~3個→強いとまでは言えないが、対人関係面に若干の影響が出ている可能性がある。

 

まだまだ普及されていない「愛着」のこと

斎藤暁子

愛着」に関する知識は、非常に重要だと思うのですが、一般には、あまり重要視されている感じがしませんよね。

斎藤 裕医師斎藤 裕医師

日本ではまだまだ普及されていないと思っています。

3歳頃までの子育ての重要性が問われるのは、愛着が形成され、分離不安がもっとも高いとされるのがこの時期だからではないかと思うのですが、現代の子育てでは、お母さんひとりが負荷やストレスを抱えることが多く、「愛着」というとプレッシャーに感じられたりもします。

注意すべき点は、母親だけに子育てを任せたり、責任を負わせたりするという意味ではないということです。

斎藤暁子

そうなんですよね。特にHSCにおいては、このデリケートな時期に、母親から引き離された体験によって愛着関係に傷が残り、強い不安となって尾を引きやすい、と知ると、そうなることを回避する方向に意識が向くと思います。

ただ、多くの場合、手放さないといけないものや負担・不安など、やっぱり母親ばかりが向き合わなければならないのが実情だと思うのです。

愛着形成の重要性や知識については、自分だけに留めず、パートナーとも共有する必要がありますね。

 

後からでも愛着は形成し直せるのか?

斎藤暁子

3歳頃までの子育ての重要性ということについてもうひとつ。

3歳頃までに愛着の形成がうまくできなかったり、その後も愛着の傷を抱えたりした場合についてはいかがでしょうか。

斎藤 裕医師斎藤 裕医師

後からでも子どもに対して共感的で応答性の豊かな関わり方をして、子どもの心が親の本当の愛情で満たされていけば、子どもの心は回復していきます。

親の本当の愛情で満たすというのは、子どもが好むような十分なスキンシップ、例えば、授乳・抱っこ・ハグ・手をつなぐなどや、同じことを共有する・喜びを共感し合う体験を通して、子どもの気持ちを汲み取り、子どもの反応やニーズに応えようとする親の関わり、その温もりを、子どもが肌で感じながら安心感に包まれていくことです。

そのような反応豊かで愛情深い関わりの中から、『自分は守られている、愛されている』『自分のことをわかってくれている』というイメージが子どもの心の中に内在化されていくと、親がそばにいなくてもそのイメージを想起することによって、安心感を保つことができるようになっていきます。

これが愛着の形成です。

登園・登校渋りが起こっているHSCでは、かなりの頻度で、『分離不安障害』が起こっているものと考えられますので、その場合は、「安心の基地」の構築と、愛着関係の傷を修復していくために、子どもがずっと心に溜めてきた思いや感情を解放していく過程が必要となるでしょう。

【愛着関係の傷を含むトラウマからの回復に欠かせない3つのポイント】

安心の基地を構築すること

②子どもがずっと心に溜めてきた思いや感情を吐き出そうとする時、それらを受け止め、子どもの心の痛みに寄り添ってあげること

トラウマに対するケア

③子どもの満たされていない心の飢え(孤独感・空虚感)を満たしていくこと(共感的に子どもの気持ちを汲み取り、子どもの反応や求めに応えようとする関わりが、特に重要である

愛着に対するケア

 

心の回復に欠かせない「安心の基地」

斎藤暁子

先ほどの、

・共感的で応答性豊かな関わり方

・子どもが温もりを肌で感じながら安心感に包まれていくこと

『自分は守られている、愛されている』『自分のことをわかってくれている』というイメージが子どもの心の中に内在化されていくこと

このような感覚は、大人であり親である自分たちにとっても必要だと思います。

斎藤 裕医師斎藤 裕医師

そうですね。それによって、子どもにとっての「安心の基地」がよりよく機能します。

さらに、子どもにとっての「安心の基地」を構築していくために、親にとっての「安心の基地」が構築されていくことが必要なのです。

斎藤暁子

子どもの愛着の対象は母親であることがほとんどだとも言えるので、特に母親にとっての「安心の基地」は重要ですね。

斎藤 裕医師斎藤 裕医師

そうですね。ちなみに、「愛着」というのは相互作用で育まれるものです。

つまり、親の愛情深い関わりの中から、お互いのオキシトシンの分泌が活性化され、愛着形成が促進されることによって、親子の愛着関係が安定したものとしてしっかりと結ばれるようになるのです。

そして、オキシトシンの分泌が高まっていくと、ストレスを感じにくくなり、人と触れ合う喜びや穏やかな気分・寛容さがもたらされやすくなるのです。

安定した愛着関係を結び直すということは、『本来備わっている力』『生きる力』を取り戻すことにつながっていくことになります。

いずれにしても、子育てを夫婦で分担するだけでなく、子どもとの愛着形成には、働いて収入を得る仕事とは比較にならない大変さや価値があることを認識していくことや、子どもの考えや感情が否定されない、共感的で肯定的な養育の大切さを、お互いがしっかりと共有していくことができればいいと思います。

 

(「安心の基地」についての詳細は、『HSCを守りたい』のp102~104をご参照ください)

 

斎藤暁子

子どもの行き渋りや不登校、不適応に対して、子どもの気持ちに寄り添った判断や選択をしようと思うのに、周りから「学校に行かせなきゃ」とか「勉強」とか、「家にこもってばかりじゃダメ」などと言われると、心が揺さぶられてしまいます。

でも、この「愛着形成」(愛着の育て直し)や傷の修復が必要な場合は特に、そのような働きかけが続くと「安心の基地」が脅かされるので、気質のことと共に、大事な修復の期間を過ごしていることを伝えられるといいかもしれません。