Q.1 HSCの割合は?

2歳の娘は感覚がとても敏感です。

例えば外出先で大きな音にびっくりすると、抱っこから離れなくなりずっとビクビクした状態が続くなど。

ネットで検索していてHSCを知り、これに当てはまる気がするのですが、

HSCの割合はどの程度なのでしょうか?

 

A.

『ひといちばい敏感な子』の著者でHSCを提唱したアメリカの心理学者、エイレン・N・アーロン博士によると、「生まれつき敏感なHSC」は、子ども全体の15~20%(ほぼ)5人に1人が「生まれつき敏感なHSC」であることがわかっているとしています。

ただし、調査が行われたアメリカと比較し、日本ではさらに多いことも指摘されているようです。

 

 

Q.2  HSCは大人になったら必ずHSPになる?

HSCは“子ども”のことで、大人はHSPと呼ばれていますが、

HSCは大人になったら必ずHSPになるのでしょうか?

 

A.

Highly Sensitive、つまり「とても敏感」というのは “気質”のこと。

“気質”というのは生まれ持った先天的なものなので、個性でもあります。

親との関係や育つ環境・社会環境の中からつくられていく、「後天的な性格」とは違って、

生まれ持った「先天的な気質(Highly Sensitive)」は、本質的には大人になっても変わることはありません。

*HSC・HSPは繊細で傷つきやすい面があるため、心に傷(トラウマ)を抱えると警戒心が強くなって、過剰に敏感(過敏)になる傾向があります。